ひとつ前に戻る

天頂の囲碁6と6子局 その18

天頂の囲碁6の7段に6子で挑戦してみました。

対局日:2018年6月22日   黒6子:私   白:天頂の囲碁6(7段)

今回は黒2と2間高バサミをしてみました。
白1のカカリに対し、
黒2とコスミツケてみました。

白11のカカリに対しては・・・
黒1とひとまず好点に打ちました。

白8に対しては・・・
黒1、白2をキカシて
黒3とウケです。

白6に対しては・・・
黒1、3とツケギリしました。

白10には・・・
黒1とアテ返しです。

白10の後一旦ここはおいといて・・・
黒1、3とツケギリです。

白10に対して・・・
黒1とカケツギです。
ここに一着無いと、打ち切れないと判断しました。

黒9までまだコウ残りですが、
白が黒を取るのに手数がかかるので、
だいたい白を取れています。
白は1と打ち込んできました。

白7には・・・
黒1とオサエです。

隅で生きられるのは仕方ないかなと
思っていましたが、
白8までとなると白死にです。

白は何か誤算があったのでしょうか。

黒の次の手は・・・
黒1とハサミツケです。
白6には黒7で白死にです。

白8には・・・
<参考図>
実戦はこう打てませんでしたが、
黒1がよかったように思います。

Aの点のキズが黒は気にかかるところで、
黒1が左上と右下の白を分断して攻めつつ、
Aのキズをカバーするいい手だったと思います。
実戦は黒1と打ちました。

左辺の黒3子と左上黒を連絡して、
確実に生きを図りました。

しかし、白2と打たれて黒の薄みが目立ってきました。
白の壁に近い黒3子は捨ててもいいと判断し、
遅ればせながら、黒3と分断していきました。

ここで白投了となりました。

ここで投了とは意外でしたが、
まあ確かに黒よさそうです。
最終局面

ひとつ前に戻る